頬や額などのお顔だけでなく、背中にもできるニキビは、人に見られて嫌な思いをするだけでなく、痛みがある場合もあり、とても辛い物です。
そのニキビができてしまう原因は、様々です。
生理がある女性ならば、生理周期によって女性ホルモンの変化が原因で、ニキビができ易くなってしまいます。
これは、日頃からスキンケアに気をつけていても、生理が近づくと顎の周りにできてしまう事も多く、大人の女性の1つでもある事から、大人ニキビと呼ばれています。
また、大人になる前の思春期には、お肌の体質が変化し易く、毛穴から皮脂が過剰の分泌される事が原因で、ニキビができてしまう場合があります。
このような、皮脂が過剰に分泌されてしまう状態を、ターンオーバーと呼びます。
このターンオーバーを改善するには、過剰に皮脂が分泌されたからと言って、油取り紙などで皮脂を取り過ぎたり、力を入れて洗顔をしてしまうと、症状を悪化させてしまいます。
洗顔料をしっかりと泡立てて、キメ細かい泡を作り、泡でお顔を包み込むように、優しく洗顔して行きます。
そして、折角落とした汚れが残らないように、丁寧に洗い流します。
洗顔後には、化粧水などで、軽くお肌と整えてあげると、お肌の突っ張りが気になりません。
はじめのうちは、どうしてもお肌のベタつきが気になってしまうかもしれませんが、皮脂を強引に取ってしまうと、余計に皮脂が分泌されてしまいます。
皮脂は、お肌を守ろうとして分泌されているので、そのままにしておきましょう。
ニキビ専用のスキンケア用品も数多く販売されていますが、正しく洗顔できるのならば、専用の物で無くても大丈夫です。
また、規則正しい生活を送る事も大切です。