最近では、医療機関に行って医師の処方箋を受け取らなくても薬を入手する方法があります。
ネット通販という方法で、日本では未認可で海外でしか販売されていない薬でも手に入れることが可能になっています。
日本で未認可な薬は、自由診療の範囲に入れられてしまうため、薬価が高くなります。例えば、ダイエット外来で美容目的で肥満治療薬を出してもらおうと思ったら、全額自己負担しなければならないということです。
それと違い、ネット通販では海外で認可されている薬ということで、安く手に入れることが出来ます。
ただし、薬による副作用や販売のトラブルなどはす全て自己責任となってしまうので、安全性にはかなり慎重になる必要があります。
通販で購入する一般的な方法は個人輸入ですが、この手続きは非常に手間がかかってしまうのです。なので、大抵は個人輸入代行業者という、海外のメーカーと自分とのやり取りを仲介してくれる業者が必要になります。
薬の安全性は、この業者選びで決まるといっても過言ではありません。安全な業者のチェックポイントとしては、まず情報に嘘偽りがないかどうかを確認することです。偽の商品を扱う業者の中には、明らかに容量や用量の記述が間違っていることもあります。この点については、複数の情報を比べてみて、明らかに記述内容がおかしいようならば、その業者は避けたほうが良いでしょう。
きちんとしている業者は、服用する人の安全を第一に考えているものです。単に売りたいだけの業者だと、副作用についての記述がなく、メリットばかりを書いていることもあります。
しかし、デメリットも含めて書いている業者ならば信用が置けます。
サイトの記述に誠意がこもっているか、こちらの安全を考えているかを確認してみましょう。