Vラインの処理を自分で行う人も少なくありませんが、Vラインはとてもデリケートな部分でカミソリなどで処理する場合などは、摩擦などで肌にダメージを与えてしまうことも多く、黒ずみの原因となったり腫れや、かゆみなどを引き起こすことがあるなど肌トラブルが起きやすい部分でもあります。そのためVラインの処理を行う際にはしっかりとスキンケアも行わなくてはいけません。Vラインの処理をする際に、用意するもとしては乳液、化粧水、眉毛用シェーバー、眉用ハサミ、保冷剤、清潔なタオルです。手順は、まずVラインをきれいに洗います。そして水分を拭き取ったら、乳液をあまり多すぎるとべたついたりするので、パール1つ分くらいを目安に手にとってそれをVラインに塗ります。こうすることでシェーバーの刃をあてても、肌をいためにくくする事ができますし刃の滑りを良くすることができるようになります。眉用のハサミを使って、形を整えながら大幅に出ている毛や長めの毛をカットしましょう。普通のハサミで行うと、刃が大きいため肌を傷つけてしまうことがあるのでできるだけ眉用などのコンパクトなハサミを使うようにするのが良いでしょう。次に、毛の流れに沿って眉毛用シェーバーで剃っていきます。少しずつ刃を動かしながら剃るようにすると安全に正確に処理していくことができます。終わったらぬるま湯などできれいに流して、清潔なタオルで水分を拭き取りましょう。その後はしっかりとスキンケアを行います。保冷剤をタオルなどで巻いたものを、処理した部分に1分程度あてます。そうすることで毛穴が締まり、刺激からの炎症を防ぐことができます。次に化粧水をできればコットンにたっぷりと染み込ませてから、処理した部分につけます。脱毛後のスキンケアにはデリケートゾーン用の保湿ローションなどを使うと肌への刺激も充分抑えることができるのでおすすめです。